LPO(ランディングページ最適化)とは?<br>コンバージョン獲得に効果的な施策を紹介

インターネット広告費が高騰・増加する中、Web集客の投資対効果を上げるための施策に課題を抱えている方も多いのではないでしょうか。 今回は、Web集客の投資対効果に欠かせないLPO(ランディングページ最適化)の基礎知識や、LPOの目的、最終的なコンバージョン獲得に効果的な対策を紹介します。LPOの概要を理解して業務に役立ててみてください。

LPO(ランディングページ最適化)とは?

LPO(Landing Page Optimization)=ランディングページ最適化

Webサイト訪問者が、インターネット広告や検索エンジンからリンクをクリックした際に、最初に表示されるWebページをランディングページ(LP)と呼びます。
主に商品やサービスの特徴や価格、機能・性能などをまとめた1枚型のページのことを指します。
このLPで、ユーザーのニーズに合わせ、知りたい情報を簡単に入手出来るようにし、ページからの離脱率を抑えたり、会員登録や問合せ、資料請求や商品購入など成約につながる行動、いわゆるコンバージョン率(CVR)を高めるよう改善していくことをLPO、ランディングページ最適化と呼びます。

LPOを行う目的

ユーザーがページ内で必要な情報を探すとき、3~5秒以上かかると、ページから離脱してしまうと言われています。
上記の通りLPOの最大の目的はコンバージョン率(CVR)の向上ですが、離脱率を下げることも重要な目的の一つです。
この2つはどちらとも切り離すことができない大切な要素です。その理由を以下で詳しく解説します。

1.離脱率を下げる

Webサイトへユーザーを集客する手段としてSEO対策やインターネット広告などがあります。
しかし、せっかく費用をかけて集客しても、ユーザーがLPから離脱してしまっては、こうした集客施策が無駄になります。
そのため、離脱率を下げるために、
①ユーザーにとって有益な情報をわかりやすく伝えること
②デザインやキャッチコピーを工夫し商品やサービスの特徴を的確に伝え惹きつけること
がとても大切です。
ユーザーが期待していた情報にたどり着く前に離脱してしまわないよう、情報を整理し魅力的なファーストビューで離脱率を減少させましょう。
また、ユーザーの検索ストレスを軽減させるために、LPのページトップにサイト内検索ツールを設置し、ユーザーが求めている情報に迷わず誘導することもLPOの手法の一つです。

2.コンバージョン率を上げる

コンバージョン率とはLPを訪問・閲覧した人のうち、実際に商品・サービスを購入した人の割合のことをいいます。
一般的には
コンバージョン数 ÷ サイト訪問数(セッション数)×100(%)で求められます。
例えば、
サイトA:月間10,000アクセス、コンバージョン率が0.1%
サイトB;月間10,000アクセス、コンバージョン率が1%
という2つのサイトがあったとします。
サイトAのコンバージョン数は月間10件ですが、サイトBのコンバージョン数はその10倍、100件です。

このように、いくら費用をかけて集客をしても商品やサービスの購入や会員登録などのコンバージョンにつながらなければ費用対効果も得られず、意味がありません。コンバージョン率の向上は、LPO施策の中でも一番大きな役割といえるでしょう。

コンバージョン率を向上させるLPOの手法として、コンバージョンに直結するボタンやリンクを目立つ色に変更したり、適切な位置に設置したりすることが挙げられます。このような工夫で、LPに誘導した潜在顧客を逃がさずコンバージョンに導きます。

また、LP限定の特別なキャンペーンを実施したり、クリエイティブのA/Bテストを行いユーザーの反応を見てエンゲージメントの高いLPを導き出すことも有効です。

> CVRとは?について詳しく知りたい方はこちら

無料2021年度版マーケティングに関するレポート無料ダウンロード

SEOとEFOとLPOの違いを解説

LPOと合わせてよく使われるマーケティング用語に、「SEO」や「EFO」があります。これらは、「LPO」とはどのような違いがあるのでしょうか?
ここではそれぞれの違いについて解説していきます。違いを理解し、適切なWebマーケティングを実施しましょう。

SEOとは?

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれます。
GoogleやYahoo!などの検索結果で上位表示を目指す取り組みのことです。
Webサイトを探す際にユーザーの大半が検索エンジンを利用します。検索結果の上位に表示されれば閲覧される機会が増え、サイトへの流入を増やすことができます。
ユーザーは検索エンジンの窓から気になるキーワードを入力し情報を探します。そして、検索結果に表示されたページはGoogleやYahoo!などの検索エンジンに評価され、ランキング形式で表示されます。このGoogleやYahoo!などの検索エンジンに最適化をすることをSEOと呼びます。
SEOは集客のための施策で、検索エンジンやユーザーに向けて対策します。

EFOとは?

EFOとは、Entry From Opimizationの略で、日本語では「入力フォーム最適化」と呼ばれます。
入力フォームとは、商品やサービスの購入時や問い合わせ時に必要な情報を入力するフォームのことです。この入力フォームにおいてユーザーの離脱を防ぎ、入力完了を向上させるための施策をEFOといいます。
皆さんもネットショッピングや商品・サービスの問い合わせの際に何度も譲歩入力をしたことがあると思います。
例えば、資料ダウンロードの際、フォームの入力項目が多く、途中で面倒になり離脱してしまったことはありませんか?
このように、コンバージョンするはずだった人が入力フォームが最適化されていないために離脱してしまうことがあります。
このような機会損失を防ぐためにも、入力フォームを最適化は大切な取り組みといえます。

コンバージョン獲得に効果的な施策とは?


SEO・EFO・LPOは、どれもがWebマーケティングに必要不可欠な施策ということがお分かりいただけたかと思います。
インターネット広告やSEOは集客を増やす施策で、LPOやEFOはコンバージョンを増やす施策です。
LPO・SEO施策は、実施してすぐに効果が上がるものではありません。LPのコンバージョン率の向上・利益の最大化を目指すためにはPDCAを回し続けていく必要があります。Web担当者は日々試行錯誤し対策を行っていると思いますが、LPOには効果を上げるコツがあり、その要点を押さえておくと効率的にコンバージョン率の向上を狙うことができます。
では、具体的にコンバージョン獲得を向上するためには何を行えばよいのかを次に解説していきます。

Web接客に必要なLPOとは?

ユーザーが検索している目的到達地点まで的確に導くため、Webサイトに訪れたユーザーをどのようにもてなしコンバージョンポイントまで導いていくのか、が重要です。
Web接客に必要なLPO施策としては次のアクションにつなげるため以下の対策を検討すると良いでしょう。
①ページ速度
ページの表示速度が遅いとユーザーがストレスに感じ、離脱につながります。遅くても1ページ2秒以内で表示できるようにサイトを設計しましょう。
②ファーストビューの最適化
一番伝えたいメッセージやインパクトのある画像をファーストビューに置くことで、離脱率の改善につなげることができます。
一目見て、「このページにはどんな情報があるのか」「自分の求める情報があるのか」が分かるページを目指しましょう。
③デザインと構成
サイトの見やすさはコンテンツとして重要視されます。デザインのクオリティを上げ続けることが重要となります。
④スマホ最適化
Google 検索のうち、半分以上をモバイル検索が占めています。モバイル向けになっていないサイトでは、ユーザーが直帰する可能性がモバイル向けサイトの 5 倍以上ともいわれています。PCはもちろんモバイル対応も適切に行いましょう。
⑤チャットボットの導入
LPO施策の一つとして注目されているのがチャットボットです。チャットボットは電話やメールに比べ、ユーザーの質問ハードルが下がります。気軽に質問でき、すぐに回答をもらえるので、ユーザーのストレスが減少し、離脱率の減少に寄与します。
さらに商品やサービスの情報にストレスなく到達できるため、より深く知ってもらうことができます。

Web接客に必要なEFO?

EFOはコンバージョンポイントの最終ページに近い位置での施策となるため、比較的効果が見えやすく即効性の高い施策の一つです。
Web接客に必要なEFO施策として、以下の4つがあります。
①わかりやすいデザイン
ユーザーが入力で迷うこと無いように、
・フォームにあらかじめ入力例を記載する
・必須項目にはマークを入れる
・入力完了ボタンを目立たせる
などわかりやすいデザインを心掛けることでユーザーはストレスなく入力することができるでしょう。

②ユーザーの入力の手間を減らす
ユーザーの手間と感じることを取り除いてあげることで入力完了率が改善します。例えば、フォームの項目数を減らしたり、住所を自動入力にしたり、自動でフリガナを入れたりするとユーザーはスムーズにフォーム入力を行うことができます。

③オンライン決済サービス
商品やサービスの販売を行っている企業は入れておくとコンバージョン改善に確実につながります。

④チャットボット
チャット形式で名前や住所、電話番号などを順番に対話形式でユーザーの情報入力をアシストするため、スムーズに入力完了を促します。ユーザーが入力をスムーズに完了させることが、コンバージョン改善の重要なポイントとなります。

他にもLPO施策はありますが、まずはこれらの施策でPDCAを回してみてはいかがでしょうか?

まとめ


LPを作ったものの、思ったよりも成果が出ないと悩んでいる方は、LPを最適化して、コンバージョン率を高めていきましょう。
また、ユーザーの欲しい情報やお困りごとに先回りして適切なメッセージを出したり、対話形式で情報の入力をアシストするチャットEFOを提供する「Chamo」。コンバージョン率向上に欠かせないツールであるチャットボットについて興味がある方はこちらからお問合せ下さい。
Pocket

無料オンラインセミナー実施中