EFO(入力フォーム最適化)とは? WebマーケティングのプロがEFOに力を入れる理由

EFO(入力フォーム最適化)とは?

EFOとは、Entry Form Optimizationの略で、日本語では「入力フォーム最適化」と訳すことができます。Webサイトにある申し込みフォーム(以下、フォーム)の入力完了率を高めるために、ユーザーがフォームに情報を入力しやすいように改善をすることをEFO対策と呼びます。

フォームへの入力の途中で離脱をするユーザーの割合は、株式会社ファインドスターが行った調査によると、化粧品・健康食品などの単品ECでは84%にも及ぶそうです。フォームの離脱率はWebサイトによってばらつきがありますが、平均で50~80%のユーザーが情報入力を完了しないまま、フォームを離脱をしているといわれております。
フォームに情報を入力し始めるユーザーが100人いるとすると、離脱率が50%のWebサイトは、50人から申し込みがあります。仮に離脱率を10%改善すると、申し込みをする人が60人に増えます。このように離脱率の改善は、入力完了率を高め、申し込み数を増やすことに繋がります。

BtoCやBtoBの形態に関係なく、多くのビジネスではWebサイトからの購入や申し込み、問い合わせの数を増やすことは、事業の成長に欠かせません。EFO対策を行うことで、事業の業績向上に貢献することができます。

なぜWebマーケティングのプロがEFOに注力するのか?

Webマーケターにとって「集客数を伸ばすこと」は、業績向上に直結する重要な指標の1つといわれてきました。個人でも簡単にWebサイトを活用し、商品やサービスを販売できるようになった今、数え切れないほどの選択肢の中から、ユーザーに自社の商品やサービスを見つけてもらうことは至難の業です。さらに最近では、Web広告への出稿やSEO対策などの集客手法が当たり前になり、競合企業においてもWebサイトへの集客を強化しているため、集客数を伸ばすことの難易度が高くなっています。Webサイトに流入するユーザー数が減ることで、購入や申し込みの数が減少したり、数を維持するための広告費が増えてしまったりと、事業の業績に打撃を与えることになりかねません。

そこで多くのWebマーケターが、購入や申し込みの数を増やすために、流入数の増加に頼るのではなく、流入したユーザーを囲い込み、「購入や申し込みを完了してもらうこと」に重きを置き始めました。その結果、Webサイトのユーザビリティ改善やコンテンツマーケティングと並び、Webマーケティングの有効な手法として注目されるようになったのがEFO対策なのです。

EFO対策は購入や申し込みの数の増減に直接的に影響がある施策であるため、ほんの少しの改善で数が何倍にもなることも珍しくありません。

EFO対策の効果とは?

実際にEFO対策に成功した事例をご紹介します。

1コンバージョン数を1.67倍にした求人サイトの事例


保育士・幼稚園教諭専門の求人サイトを運営する株式会社ウェルクスは、会員登録フォームにて、フリガナや住所の自動入力支援などのEFO対策を行いました。入力項目数はそのままに、EFO対策をしたことで会員数を1.67倍にすることに成功。

2オンラインショップのCVR(※)を前月比134.1%改善した事例


株式会社カインズは、オンラインショップの新規会員登録フォームを中心に、ユーザの入力負担を軽減する入力支援やフォーム離脱を防ぐためのEFO対策を行いました。その結果、CVRを前年比134.1%改善することに成功。

3CVRを12%→25%に改善したコーポレートサイトの事例


コーポレートサイトでの会員登録フォームにおいてEFO対策を行った結果、12%→25%のCVR改善に成功。

※CVR=コンバージョン率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。CVR向上させるための施策の一つとして、EFO対策がある。


無料2021年度版マーケティングに関するレポート無料ダウンロード

EFO(入力フォーム最適化)対策をするべきダメなフォームの3つの特徴

EFO対策を行うことで、申し込み数や購入数などの増加に効果的であることはわかっていただけたかと思います。この章では、「具体的に何をすべきか」を解説するために、ユーザーが離脱してしまうダメなフォームの特徴とその改善方法をお伝えします。
ぜひご自身が運営しているWebサイトのフォームを確認しながらお読みください。

ユーザーが離脱してしまうフォームの特徴
①「とにかく長い」

EFO対策を行うときに最も大切なことは、「ユーザーがストレスなくフォーム入力できる」ようにすることです。

ユーザーにストレスをかけている代表的なフォームは、入力項目が多すぎるフォームです。実際にある専門業者が、フォームからの離脱経験があるユーザーにアンケートを実施したところ、最も回答が多かったのが「項目数が多いから」という結果だったそうです。

ユーザーの情報をたくさん取得し、マーケティング活動に活かしたいという思惑から、多くの入力項目を設定しているフォームが散見されます。しかし入力項目が増えるほど、フォームから離脱するユーザーが増えてしまい、購入や申し込みの数が減少し、本末転倒になってしまいます。

フォームには本当に必要な入力項目だけを設定するように見直しましょう。

ユーザーが離脱してしまうフォームの特徴
②「情報を入力しにくい」

次に考えるべきは、ユーザーのデバイス環境です。業種業態にもよりますが、近年はスマート端末からのWebサイトへの流入するユーザーが増えてきています。

formisimo社の調査によると、パソコンのフォームへの入力完了率が17.5%であるのに対し、タブレットは16.9%、スマートフォンは12.7%という結果が出ています。つまり、スマートフォンのフォームは適切に設計されていないWebサイトが多い可能性があります。

スマートフォンのフォームの入力完了率が低い原因は、「入力項目の枠が小さい」「スクロールが煩わしい」などの使い勝手が悪いことにあると考えられます。
スマートフォンのフォームを改善するためには、マルチステップフォームを取り入れることがおすすめです。マルチステップフォームとは、1つの項目を入力すると画面が切り替わり、次の入力項目が出てくるタイプのフォームです。マルチステップフォームは、それぞれの入力項目がスッキリと見え、スクロールの手間がないため、スマートフォンなどの小さい画面での入力に向いています。

ただし注意点として、ステップが多くなると離脱率も高くなるので、必要な入力項目だけに絞り、できるだけ少ないステップで構築することが重要です。

ユーザーが離脱してしまうフォームの特徴
③「半角全角などの入力ミスを起こしやすい」

THE MANIFEST社の調査によると、離脱したユーザーの81%は、フォームに入力し始めたにもかかわらず、その後に離脱していることがわかっています。 フォームに入力を始めてから離脱してしまうことを「途中離脱」と言いますが、この 「途中離脱」に至ったユーザーは、入力を開始するだけのモチベーションこそあったものの、入力中に煩雑さや困難を感じたり、なんらかのアクシデントが発生したユーザーだと推測できます。
様々なWebサイトのフォームでよく見受けられますが、入力エラーが生じたためユーザーに再入力を求めることも離脱の原因になります。
したがって、例えば半角のみでの入力、電話番号にはハイフンが不要など各項目での入力条件を明示したり、フリガナや住所などの自動入力支援をしたりすることで、ユーザーの入力ミスを軽減する必要があります。

無料2021年度版マーケティングに関するレポート無料ダウンロード

EFO(入力フォーム最適化)対策を行うには?

前章では、ユーザーが離脱しやすいフォームの例や、改善方法についてお伝えしてきました。
しかし、改善するべきかがわかっても、「自社にWebエンジニアがいないからフォームの改修は難しい」「そもそもフォームに到達するユーザーが少ない」などの理由から、EFO対策の実施が難しいと感じている方もいらっしゃると思います。

実はEFO対策を実施できていない企業の多くが、人材などのリソース不足やフォームへの到達率が低く改善効果が見込めないなどの課題を抱えています。
そこで、これらの課題を解決するために開発されたのが「チャットボット型EFOツール」です。

チャットボット型EFOツールとは?

チャットボット型EFOツールとは、その名の通り、チャットボットにEFO機能を組み込んだツールです。具体的には、Webサイトに訪問したユーザーに声かけを行い、メールアドレスや名前などの入力項目を対話形式でユーザーに回答させることができます。Web接客という概念が広まった昨今、ECサイトをはじめ、多くのWebサイトで設置されはじめています。

チャットボット型EFOツールの強み①
ページ離脱を防ぐことができる

Webサイトでは、1ページで必要な情報取得が完結することは稀で、それぞれのニーズによってページ遷移を繰り返し、その過程でユーザーは離脱していきます。これはフォームへ遷移する際にも同じことが言えます。チャットボット型EFOツールを設置すると、ページを移動せずにフォームの入力を開始することができるので、フォームへ遷移する際のユーザーの離脱を減少することができます。

チャットボット型EFOツールの強み②
ストレスを感じさせないコミュニケーション

チャット形式は、フォームの入力完了率を飛躍的に改善します。
数年前までは、ユーザーにチャット形式での回答の習慣がなく、チャットボットを設置してもユーザーに活用されないこともありました。しかしLINEやFacebookメッセンジャーなどのチャットアプリが生活の中に溶け込んでいる最近では、フォームよりもユーザーがストレスなく入力できるといわれております。

また、全自動チャットボットを導入することで人的コストを削減することもできます。専門的な回答が必要な場合には、オペレーター対応に切り替えて、一人ひとりに合わせたより密なコミュニケーションを行うことで、ユーザーの満足度を向上させることもできます。

チャットボット型EFOツールの強み③
Webエンジニアがいなくても設置が可能

チャットボット型EFOツールの多くは、Webエンジニアリングの知識がなくても設置ができます。また、他のITツールに比べ比較的安価な価格設定のものが多く、加えて効果測定機能やWeb接客の機能など、購入や申し込みを完了させるまでの過程も同時にカバーできるので、非常にコストパフォーマンスがよいツールです。


まとめ:チャットボット型のツールを活用して明日からEFOをスタート

いかがでしたでしょうか?
「EFOなんて全然知らなかったかった」「知っていたけど難しいと思っていた」という方々にEFO対策の効果や導入方法をご理解いただき、課題解決のお役に立てたのであればとても嬉しいです。

Pocket

無料オンラインセミナー実施中