グーグルタグマネージャ(GTM)を使ってチャットをイベント計測する方法

スクリーンショット 2016-06-07 11.34.28

グーグルタグマネージャ(以下、GTM)を用いて
チャットをイベント計測する方法を解説いたします。
(本解説では、既にGloogleAnalyticsをお使いいただいていることを前提としています)

GTMとは、Googleが無償提供するタグを一括管理できるシステムです。

Chamoは、GTMやGoogleAnalyticsと連携することができるので、
今回解説するGTMのイベント計測をご利用いただくことで、
チャット経由での問い合わせ回数を計測することができます。

また、GoogleAnalyticsをお使いいただくことで、
チャットがどれくらい発生したかを知るに留まらず、
『コンバージョンした人の中で、チャットを利用した人はどれくらいか』
ということも正しく計測することができます。

ぜひ、Chamoの効果を実感していただければ幸いです。

GTM、アナリティクスでChamoの効果計測を行う流れ

GTMを使ってChamoの効果計測を行っていただくには、
以下のステップを踏んでいただきます。

1,御社のWebサイトにChamoを設置する
2,チャット問い合わせをイベント計測できるよう設定を行う
3,GoogleAnalyticsでイベント発生を確認する

上から順番に解説いたします。

1,御社のWebサイトにChamoを設置する

GTMでChamoを御社のWebサイトに設置する方法を解説いたします。

GTMの管理画面より、『新しいタグ』を選択してください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-16-45-53

 

タグタイプ カスタムHTML

HTMLの内容にChamo設置タグを入力します。
document.writeをサポートする』にチェックを入れ、『保存』をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-16-47-57

 

『タグの設定』より下へスクロールし、『配信トリガー』>『All Pages』>『保存』。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-19-05-41

 

一度ワークスペースへ戻っていただき、
画面右上に『ワークスペースでの変更数:1』となっていることが確認できましたら、
そのまま『公開』します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-16-50-45

 

ワークスペースの変更』に、先ほど作成したタグがあることが確認できたら『公開』します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-16-51-25

 

これで、GTMを使ったChamoタグの設置は完了です。
念のためワークスペースから『公開中』になっているかを確かめておきましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-16-52-58

 

2,チャット問い合わせをイベント計測できるよう設定を行う

次に、グーグルタグマネージャ(GTM)を使って、
Chamo経由のチャット問い合わせを計測する方法をご説明いたします.

まず、Chamoの管理画面内『自動返信・話しかけ設定』より、
以下の内容で自動話しかけを設定してください。

時間指定 お客様が最初のメッセージを送信してから0秒後
 条件  なし
 アクション  コンバージョンタグを送る
 内容  <script>
dataLayer.push({'event': 'chamo'});
</script>
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-16-59-32

続いて、チャモ側から送られてきたトリガーをGTMで受け取れるように設定を行います。

再びGTMにログインしましょう。

ワークスペース左側のメニューから『トリガー新規』をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-17-00-04
名前 チャット問い合わせ
イベント カスタムイベント
イベント名 chamo

『すべてのカスタムイベント』を選択し、『保存』。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-17-01-05

 

トリガーを保存したら、再びワークスペーストップページへ戻り『新しいタグを追加』。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-17-02-06

 

プロダクト Google Analytics
 タグの種類  ユニバーサルアナリティクス
(従来のアナリティクスを使用している場合は「従来のアナリティクス」を選択)
 タグタイプ  ユニバーサルアナリティクス
 トラッキングID  (ご利用のGoogle AnalyticsのトラッキングID)
 トラッキングタイプ  イベント
 カテゴリ  Chamo
 アクション  チャット問い合わせ
 ラベル  {{Page URL}}
 値  1

トリガーは、先ほど作成した『チャット問い合わせ』を指定します。
全てできたら、『保存』してください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-17-15-20

これで、GTM内のChamo経由のチャット問い合わせを計測するための設定は以上になります。

3,GoogleAnalyticsでイベント発生を確認する

以上が、GTM上で設定すべきことの全てになります。

あとは、GoogleAnalyticsで正しくイベント計測が行われているか確認します。
反映には少々時間がかかるかと思いますので、ご注意くださいませ。

GoogleAnalyticsのレポートから『行動イベントサマリー』としていただけましたら、
実測値を確認することができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-17-17-48

 

また、『イベントラベル』をクリックしていただくと、各ページごとにイベント発生数を見ることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-20-04-39

このように、GoogleAnalyticsを使った効果計測をご活用くださいませ。
更に詳しいGoogleAnalyticsでの分析方法は以下をご参照ください。
GoogleAnalyticsを使ってチャットの効果を計測する方法

なにかご不明点等ございましたら、弊社サポート担当までご連絡ください。